気仙沼漁師カレンダー
写真と文=幡野広志

気仙沼は、たくさんの漁師が行きかう町です。
気仙沼は魚の町だけれど、それは勇敢な漁師がいてくれるからこそだと、
ずっとそう思って暮らしています。
震災があったけれど、変わらず海で働く姿は、
私たちに誇らしく思え「気仙沼漁師カレンダー」を作ってきました。

2021年版は幡野広志さんが撮ってくださいました。

何度も気仙沼へおいでいただき、たくさんの本当の気仙沼を経験していただいたと思います。
人への愛がいっぱいあるからでしょうか、カレンダーをめくるたびに、ぐっとくるのです。
寄せていただいた、まっすぐで正直な言葉は、”いやだ”とか”帰りたくなった”とか、
たくさん書かれているのに、厚みのあるお人柄だからでしょうか、
きっとこれをご覧になった方は気仙沼に来たくなるに違いないと思うのです。

このカレンダーができた後のたくさんの人との出会いが楽しみです。

企画・発行 気仙沼つばき会

まだ暗いうちから漁港にむかう。どうして漁業は朝が早いのだろう。
眠い、眠いだけでなく寒い。今日が気仙沼漁師カレンダーの初日の撮影だ。
これから一年間、季節がかわるたびに気仙沼を訪れて撮影をする。
ぼくは健康体というわけではないので、
最初は撮影をお断りしようかとおもったけど、
漁師の世界を知れることの好奇心のほうがはるかに上回ってしまい、
いま気仙沼で寒さに震えている。

写真と文 幡野広志

1983年東京生まれ。
2010年広告写真家高崎勉氏に師事
「海上遺跡」Nikon Juna21受賞
2011年独立、結婚
2012年エプソンフォトグランプリ入賞。
狩猟免許取得
2016年息子誕生
2017年多発性骨髄腫を発病
近著『なんで僕に聞くんだろう。』(幻冬舎)、
写真集『写真集』(ほぼ日

※海外発送をご希望される方はこちらのご注文フォームからは注文できません。
お手数お掛け致しますが下部のお問合せボタンよりメッセージを頂けますと幸いです。

10月02日大安・順次発送スタート!

▶︎仕様
・B4(見開きB3)
・祝祭日、新月・満月の日時、大安吉日
・ページ数:32P
・重さ:約220g



▶︎クレジット
・写真と文:幡野広志
・デザイン:白い立体
・唐澤和也(Punch Line Production)
・プロデュース:BambooCut
・印刷:三陸印刷株式会社
・企画・発行所:気仙沼つばき会
 〒988-0133 宮城県気仙沼市松崎下赤田32-2

気仙沼漁師カレンダーとは

海で生きる男たちにスポットを当て、
そのかっこよさを全国の方にも知って頂きたい
その一心で私たちが取り組む事業です。
気仙沼ならではの産業や観光資源を下支えしている
漁師の生き様をリアルに切り取った一枚一枚から、
気仙沼らしい独特な文化や人々のあたたかさを
感じ取っていただけたら幸いです。
またこの気仙沼漁師カレンダーをきっかけに、漁師の担い手や、
気仙沼に足をお運び頂ける機会になって頂けたらうれしいです。


気仙沼漁師カレンダーは「全国カレンダー展において、数々の賞をいただいております。

2014年度・・・経済産業大臣賞
2016年度・・・フジサンケイビジネスアイ賞
2018年度・・・審査員特別賞松永真賞
2019年度・・・経済産業大臣賞
2020年度・・・入賞

気仙沼漁師カレンダー過去一覧


お問合せ先

電話対応専属スタッフではないため応対できない可能性があります。 折り返しが遅くなりますことをご了承頂けますと幸いです。 ご不便をお掛け致しますが宜しくお願い申し上げます。
(受付時お問い合わせよりメールにてご連絡頂けますと確実にご返信させて頂きます。)

企画・発行